アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はかゆみを伴う、慢性的に続く皮膚炎のことをいいます。皮膚の乾燥やバリア機能の異常が根本にあり、そこへさまざまな刺激やアレルギー反応が加わって生じるといわれています。

スキンケア、外用薬による薬物療法を適切に行い、症状がコントロールされた状態が長く維持されると、症状がなくなる(寛解)が期待できます。

しかし、生活環境や生活習慣、ストレス、その他のアレルギー因子、などによって再び症状があらわれることがあるため、皮膚の治療だけでなく生活の環境を整えていくことも必要です。

当クリニックではアレルギーの原因を知るための血液検査も行っております。

前の記事

予防接種

次の記事

切り傷(縫合処置可能)