ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナはエンテロウィルス、コクサッキーウィルスなどによる夏風邪です。毎年5月頃から流行り始め、6~7月にピークを迎えます。

4歳以下、特に1歳代のお子様に多く、発熱や口の中の粘膜に水ぶくれ(水疱性)の発疹がみられることが特徴で、接触、飛沫が感染経路です。

2~4日の潜伏期間の後に、突然39.0~40.0℃の高熱が出てのどの粘膜が赤くなり、のどや上あごの粘膜に1~2mm程度の水ぶくれが現れます。水ぶくれが破けると、痛みがでることがあります。

発熱は2~4日で下がることがほとんどです。ただし、発熱や口の中の痛みにより不機嫌になったり、ミルクが飲めない、ご飯が食べられないことがあるので、脱水症状には注意が必要です。

治療は対症療法です。ウィルスなので抗菌薬・抗生剤は効果がありません。発熱や痛みなどの症状を和らげるために、解熱・鎮痛剤を使用します。水分をこまめに取らせたり、のど越しの良いものを食べさせるなどして、栄養をとらせ、安静に過ごしましょう。

急性期にウィルスが排泄物から多く検出されますが、症状が改善しても2~4週間ほど排泄され続けることがあります。おむつの処理、トイレ後の手洗いをしっかり行い、こまめにうがいをして予防につとめましょう。

前の記事

手足口病

次の記事

溶連菌感染症