喘息

喘息は気道が炎症を起こして過敏になった状態が慢性的(長期的)に続く呼吸器系の病気です。この炎症により、気道が腫れて狭くなり、気道の粘液で塞がれてしまうことで呼吸困難を感じます。

喘息の主な症状

  • 息切れ:特に運動後や夜間に普通に呼吸するのが困難になることがあります。
  • 喘鳴:息を吸う、または吐き出す時にゼイゼイ、ヒューヒューと聞こえるような呼吸の音です。
  • 咳:特に夜間や早朝に悪化することが多く、喘息の症状が悪化している可能性があります。
  • 胸の圧迫感:胸が締め付けられるような感じや重苦しさを感じることがあります。

症状出現のきっかけ(トリガー)

  • アレルゲン:ハウスダスト、ダニ、花粉、カビ、ペットのフケなど。
  • 呼吸器感染:風邪やインフルエンザなどのウイルス感染症。
  • 運動:特に冷たい空気の中での激しい運動。
  • 空気汚染:タバコの煙、自動車の排気ガス、工業汚染など。
  • 気象条件:冷たい空気、湿度の高い空気、急激な天候の変化。

喘息の診断

喘息診断のガイドラインをもとに診断を行います。個人に合わせた治療計画、継続的なモニタリングをし、最適な喘息管理を目指していきます。

1.症状と医療歴の評価

  • 症状の確認:喘息の典型的な症状について問診を行います。
  • 医療歴の確認:医療記録、家族歴(喘息や他のアレルギー性疾患の家族歴)、生活習慣、職業歴、症状のきっかけなどについて聴取します。

2. 身体検査

肺の音を聞き、喘鳴や他の異常な呼吸音がないか聴診します。鼻、喉、皮膚などアレルギーに関連する兆候がないかも診察します。

3. 肺機能テスト

4. その他の検査

  • アレルギーテスト:血液検査で特定のアレルゲンに対する反応を調べることがあります。
  • 一酸化窒素濃度測定:息中の一酸化窒素のレベルを測定し、気道の炎症の程度を評価します。

治療

喘息の治療は症状のコントロールと喘息発作の予防を目的としています。症状の重症度、きっかけ、個々の反応にもとづいて治療計画を立てていきます。

  1. 薬物療法
  2. トリガーの回避と環境調整:アレルゲンの除去、生活環境の調整と管理
  3. 生活習慣の調整

喘息は完治するものではありませんが、適切な管理と治療によって症状をコントロールし、活動的な生活を送ることが可能です。ぜひご相談ください。

次の記事

蕁麻疹