女性の更年期障害

更年期は一般的に、40代後半から50代の女性に見られる生理的過程です。

この時期は女性の体が生殖能力の段階から非生殖能力の段階へと移行していく時期です。この生理的変化に伴い、様々な身体的および心理的な症状が現れることを更年期障害といいます。

更年期障害の症状

更年期障害は症状の出方に個人差があったり、その度合いもさまざまです。一般的な更年期障害には以下のような症状があります。

  • ホットフラッシュ、大量の汗: 突然の体温上昇と強い発汗が見られることがあります。
  • 睡眠障害: 眠りが浅くなったり、不眠に悩まされることがあります。
  • 情緒の不安定: 気分の波が激しくなって感情が抑えられずに爆発するなど、強い怒りや悲しみを感じることがあります。
  • 集中力の低下、記憶力の減退: 日常の業務に集中できなかったり、物忘れが多くなることがあります。
  • 身体的変化: 体重増加、関節痛、乾燥肌など様々な身体の変化が見られることがあります。
更年期障害に悩まされる女性

診察と診断

詳しい問診と身体検査を行います。これにより他の病気の可能性を除外し、更年期障害の診断を行います。

  • 簡易更年期指数(SMI)のチェックリストで症状の有無と重度を評価します。これにより、個々の女性が経験している更年期の影響の程度を把握することができます。
  • 血液検査で女性ホルモンの量を測定します。また貧血、甲状腺機能異常、内分泌異常などがないかも調べます。
  • 必要に応じて血圧、心電図などを確認し心血管系の異常がないか調べます。
  • メンタルの問題は、情緒不安定、集中力の低下、不眠など、更年期障害に似た症状を引き起こす可能性があります。

治療

  • ホルモン補充療法(HRT)
  • 非ホルモン療法(漢方、サプリメントなどの使用)
  • 生活習慣の見直し、改善

更年期はライフステージのひとつです。しかし未だネガティブなイメージがあり、自分でも適切な対処法が分からなかったり、周囲から理解が得られにくいこともあります。気になる症状がある方はまずご相談ください。

更年期障害が軽くなり、健やかな毎日が送れている女性