手足口病

手足口病は夏に流行しやすい感染症のひとつで、エンテロウィルス、コクサッキーウィルスというウィルスが原因です。感染者の80%は5歳未満の子供ですが、まれに大人がかかることもあります。

1~3日間の発熱がみられることがありますが、一番特徴的なのは口の中の粘膜や手のひら、足の裏、足の甲などに水疱性(水ぶくれ)の発疹が現れることです。水疱はかさぶたにならずに治ることが多く、1週間ほどで目立たなくなります。まれに手足の爪がはがれることがありますが、すぐに新しい爪が生えてきます。

気を付けたいのは、口の中の水疱がつぶれた後に口内炎ができ、その痛みのために食事や水分が取れなくなり、脱水症状を起こす可能性があることです。食べ物、飲み物は刺激が少なくのどごしの良いものにしましょう。

治療は対症療法となります。発熱に対しては解熱薬を使ったり、食事や水分が取れずに脱水症状にならないよう、口内炎の痛みにに対して鎮痛剤や、粘膜保護の軟膏を処方することもあります。

また、原因ウイルスの「エンテロウイルス」は無菌性髄膜炎の90%を占めるため、まれに脳炎を伴って重症化することもあるので注意が必要です。

潜伏期は3~6日です。くしゃみなどによって感染する「飛沫感染」と、唾液や鼻水がついた物に手が触れることで感染する「接触感染」が主な感染経路です。回復後も口から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排泄されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がります。感染が拡大しないように手洗い、うがいなどの予防を徹底しましょう。

疑わしい症状がある時は、まずはご相談ください。

前の記事

胃腸炎

次の記事

ヘルパンギーナ