胃腸炎

胃腸炎とは、胃や腸の内壁が炎症を起こす病気です。感染性胃腸炎、非感染性胃腸炎の2つのタイプがあります。

感染性胃腸炎:ウィルス、細菌、寄生虫などが原因となるもので、人と人の接触や汚染された食べ物、水などを接種することで感染します。

非感染性胃腸炎:食物アレルギー、薬の副作用、慢性の炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)などがあり、ストレスも原因となることがあります。

主な症状は、吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、発熱、食欲不振などです。これらの症状が続くことにより、水分とともにナトリウム、カリウムなどの電解質が失われ、脱水状態を引き起こします。また電解質のバランスが乱れると心臓のリズムや筋肉のけいれんを引き起こすことがあります。特に乳幼児、高齢者は注意が必要です。

胃腸炎の原因がノロ、ロタなどのウィルスであった場合、適切な対応をしないと家庭内感染につながるおそれがあります。正しい感染対策の知識を身につけておくことも大切です。日頃から調理前後の手洗い、生肉・生魚は十分に加熱するなど予防をしていきましょう。

症状を長引かせず適切な治療が受けられるよう、気になる症状がある場合は早めに受診をしてください。

医師の診察のほか、必要に応じて血液や便の検査、超音波検査、レントゲン検査などを行い、薬の処方を行います。

前の記事

風邪

次の記事

手足口病