溶連菌感染症

溶連菌感染症とは、A群β溶血連鎖球菌という細菌によって起こる感染症です。年間通してかかる可能性はありますが、おもに11月~4月頃に流行します。

2~14歳くらいの子どもにかかりやすいですが、大人でも感染することがあります。潜伏期間は2~5日ほどです。

おもな症状は発熱(38.0~39.0℃)とのどの痛みですが、3歳未満ではあまり熱があがらないこともあります。

そして、体や手足に小さくて赤い発疹が出たり、舌にイチゴのようなツブツブができたりします(イチゴ舌)。ほかに頭痛、首すじのリンパ節の腫れ、腹痛や嘔吐などのおなかの症状がでることもあります。風邪とは違い、咳や鼻水が出にくいのが特徴です。急性期を過ぎると、発疹の跡に皮むけがみられるようになります。

年齢や周囲の感染状況、溶連菌感染症を疑わせる症状があれば、確認のために検査を行います。検査は綿棒でのどをぬぐうだけでできる検査キットで行い、5分ほどで結果が分かります。

溶連菌感染症の診断がつくと、抗菌薬が処方されます。抗菌薬は病気の原因になっている溶連菌を退治することができる大事なお薬です。そのほかに、熱、のどの痛みやおなかの症状に合わせたお薬を処方します。

抗菌薬を飲み始めてから24時間ほどで感染力はなくなると言われており、2~3日で症状も落ち着きます。しかし、処方された抗菌薬を中断すると合併症を起こすリスクがあるので、すべて飲み切ってください。

症状でご飯が食べられなくなったり、水分が取れなくなってしまうことがあるので、のど越しの良い食べ物や水分をこまめに取らせるなどして、栄養をとらせ、脱水症状を予防しましょう。

咳、鼻水などの症状は出にくいですが、普段の生活の中での接触、飛沫などで感染してしまいます。同居している家族、兄弟などにうつさないよう、手洗い・うがいなどの予防をしっかりしましょう。

前の記事

ヘルパンギーナ

次の記事

アデノウイルス感染症